「仁井田米」ってご存じですか!?高知に移住して一番感動したお米のうまさ。

皆さんこんにちは!本日は四万十町よりいっしーがお送りします!

pdfd_60e52acde1e4b5b92af18a444546ab574173b8f8

お米といえばコシヒカリ・あきたこまち・ササニシキ等々、いろいろありますね!
名前を聞いたことがあるだろう有名所だけでも20種類、品種で言えば日本には400種類以上あるそうです。
そんな中、これだけ全国的に名を轟かせているブランド米達はやはり日本で一番美味しい、私達の舌に合うお米なのでしょう。

 

 

・・・・と、私も20年以上思っていました。

そう、高知に来て四万十町のお米を食べるまでは。

四万十町、窪川で生産されている仁井田米と出会うまでは・・・・。

pdfd_22523f4dd5099e6fb6db62797b981520cd34d13e

 

「仁井田米」とは、窪川の仁井田地区で作られたお米の総称のことを指しますが、
この仁井田産のお米と、香り米をブレンドしたものが四万十町では良く食卓に並びます。

仁井田米の特徴の一つはその香り。
お椀によそって立ちあがる匂いをかぐだけでこのお米は違うと誰もがわかるでしょう。
その秘密は高知で栽培されている「香り米」をブレンドしているから。

古くは神饌米や祭礼用として普段とは違うトクベツなお米として重宝されてきた香り米。
しかし、香り米をそれだけで食べると匂いがキツすぎるため、次第に全国的には作られなくなっていきました。
そんな中、高知県では生産が続けられており、最近では生産量も増加傾向だそうです。

pdfd_bf05686a4890c3114f447c074f9ff057a3d88e0b

さて、私は実際に初めて仁井田米を食べた時、人生で最大級の衝撃を受けました。
「なんというか・・・お米に味がある!!甘い!!!」
子供の頃からお米を食べ続けて来ましたが、恥ずかしながらこんなにも米の味を認識したことはありませんでした。
当たり前すぎて、米の味に慣れすぎてそれを感じなくなっていたんだろうと思います。
高知で育ったお米は、都市圏に出荷されるお米とは全く違った環境で育ったので、まったくの別物と思っていいのかもしれません。
その違いが、私にこれまで気づきもしなかった「お米本来の味」を再認識させてくれました。

それからと言うもの、仁井田米にがっつりはまってしまいました。
ごはんを食べる時に、より深く味わうようになったと言うべきでしょうか。
お米に対する視点が180度変わってしまったような状態です。

とはいえ、まだまだ都会で食べられるようになるまでは流通量が少ない「仁井田米」。
四万十町の飲食店では、ほぼこの仁井田米が使われていますので、ぜひ一度四万十町に来て食べてみてください!
お米に対する感じ方が間違いなく変わると思いますよ!!

ちなみに・・・今回は記事作成にあたり、武吉米穀店さんにお話を聞かせていただきました。
創業百年の老舗で、仁井田米のみを専門に扱うお米屋さんです。
通販も可能ですので、こちらも仁井田米をお買い求めの際はぜひご利用ください。

DSC_0616

武吉米穀店
http://www.takeyoshi-beikokuten.com/

 

3 thoughts on “「仁井田米」ってご存じですか!?高知に移住して一番感動したお米のうまさ。

  1.  仁井田米は友人にお土産として頂き、香りは昔のコメの香りがして、幸せな気分になった。
    そこで一度香り米を通販で購入した(金色のパッケージ プラス)が、香りがお土産として頂いた
    ものとは雲泥の差(炊きあがった時の香り)があり、どこの商品を選べばいいかわからなくなった。
    お勧めの香り米を教えて頂きたい。

    1. コメントありがとうございます。

      お勧めの香り米ということで、四万十町ではヒエリ(香り米のルーツになっている香り米)が知られていますが、ヒエリ単体で食べるのはあまりお勧めではなく他の米とブレンドして頂くのが良いという事です。
      十和錦がお勧めということですが、香り米をブレンドした商品に関しては(収穫時期は10月以降)、町内の米穀店を紹介いたしますので、こちらへ連絡頂ければと思います。
      お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。
      井上米穀店/0880-22-0334

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)