旧都築邸(古民家カフェ半平)

旧都築邸は、明治34年に実業家・都築半平の別邸として四万十最良の建築資材を使った豪壮な構えで建築され、戦後「半平旅館」として使用されました。
県内でも貴重な存在の建築物であるため、往時のまま商家の客殿用別邸として修復、復元されました。
現在は館内公開の他、カフェ、レンタサイクルを営業しています。各種イベントなどにも利用され、日本伝統文化を引き継ぐ憩いの場として利用されています。

四万十町の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報