土佐藩砲台跡(西浜公園)

幕末の異国船渡来により、海岸防備のため須崎にも三箇所の砲台を築造した。
そのうちの一つが西浜公園として残され、国の史跡に指定されている。慶応3年(1867年)には長崎で水夫殺害事件が起り、イギリス公使パークスが須崎に軍艦で入港してきた。土佐藩との外国交渉が持たれ、龍馬も神戸より入港し、船上で交渉を見守った。

須崎市の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報