千枚田(神在居)

山里の暮らしが育んだ農業芸術「神在居の千枚田」。
梼原町内は標高220~1455mという高低差があり、平地が少ないことから山の斜面を利用した農耕作が発達しました。
梼原町を訪れた作家、小説家・故司馬遼太郎は、この天に向かって幾重にもなる光景を見て、「農業が築き上げた日本のピラミッド。万里の頂上にも匹敵する」と感嘆されたそうです。千枚田では、オーナー制度を実施しており、四万十川にちなみ、100㎡を四万十円で貸与しています。
地元農家の指導や管理を受けながら収穫が楽しめます!(現在は新規オーナーは募集しておりません)

梼原町の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報