三嶋神社(下組)

永禄の戦国争乱に、伊予の大軍が国境を侵して来た時、伊予三島大明神に祈願し、勝利を得た時に勧請したもので、土佐七社の内の一社と伝えられている。永禄12年(1569)宮の成川沿いに建立したが、寛文6年(1666)洪水のため社地が流失して、現在地に奉遷した。明治41年(1908)十月、無格社四社を合祀した。拝殿の彫刻は、内子町の大工篠崎豊城作といわれている。

梼原町の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報