一斗俵沈下橋

一斗俵の沈下橋は昭和10年(1935)建設で、四万十川に現存する沈下橋の中で最も古い沈下橋として国の登録文化財に指定されています。
 沈下橋はそれぞれが建設された時代により特徴があります。昔は生活道として、今は子供達の川遊びのステージとして流域住民に親しまれています。

四万十町の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報