ゆすはら座

「県内唯一の木造芝居小屋」
ゆすはら座は、昭和23年に建設された建物で、平成7年9月に移転復元したものです。
この建物は、大正時代の和洋折衷様式を取り入れた建造物で、モダンな外形に花道のついた舞台、2階の桟敷席、天井の木目の美しさがあり、芝居や歌舞伎、映画上映など住民の娯楽の殿堂「梼原公民館」として親しまれてきました。 しかし、維持運営上の問題から一時は、町組において取壊しの決議がされましたが、各方面からこれを惜しむ声が高まるとともに、梼原町にとっても価値ある貴重な建物であり、平成6年12月5日町保護有形文化財に指定し、移築して保存することになったものです。
この運動には建築家・隈研吾氏も携わっており、自身の木造建築のルーツは梼原町であるとお話しされています。
住所
梼原町梼原1496
連絡先
ゆすはら観光交流案内所まろうど館 0889-65-1187
営業時間
8:30~17:00

梼原町の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報