お馬神社

よさこい節の歌詞に唄われている恋物語の登場人物・「お馬と純信」。高知市竹林寺住職・純信と禁断の恋によりお馬は、安政3年(1856年)に須崎へ再追放になった。須崎の庄屋に預けられ池ノ内 で生活し、その後大工の寺崎米之助と結婚する。糺町に転居の後、明治18年に子供を頼って上京する。お馬神社は、縁結びの神様として池ノ内にある二股杉の下に建てられている。

須崎市の「観光・施設」「レジャー」

奥四万十時間 事務局のおすすめ!

最近チェックした情報