四万十川のはじまりの山、不入山(いらずやま)

津野町といえば、四万十川源流点のある町ですが

四万十川源流点は、不入山という山にあります。

山の名前は、むかしむかし土佐藩が樹木の伐採や人の立ち入りを禁じ「御留山(おとめやま)」として守られてきたことに由来します。

四万十川源流点までは徒歩25分のところまで車で行くことができますが、県道375号線を風の里公園方面へさらに進むと、登山コースへと続くゲートがあります。

今日はゲートから頂上までの不入山を動画でご紹介します。

このゲートからスタート!

なかなか厳しい難所もいくつかありますが、鳥のさえずりや木々の緑などの大自然に癒されながら歩くことができます。

ありのままの自然が残されているため道中、トイレなどはありません。携帯の電波も入りにくいところがありますので登山される方はご注意ください。

頂上からはこんなに素敵な景色を見ることができます!

詳しくは道の駅布施ヶ坂においてあるパンフレットなどをご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)