奥四万十時間-高知県奥四万十エリアの観光ガイド

奥四万十時間-高知県奥四万十エリアの観光ガイド

奥四万十の山

山頂からの絶景に魅せられる

雲の海にまるで島のように山々が浮かぶ明け方を経て、太平洋と一つになった空は夜になると満天の星を湛えます。 奥四万十の山々は、どの瞬間であっても、街中では体感することのできない圧倒的な自然の大パノラマで、訪れた人々を出迎えてくれます。

四国カルスト天狗高原

千メートル級の山頂で
胸いっぱいに風を感じる

高知県から愛媛県にかけ、長さ25km、幅3kmにわたり標高千メートル級の高原が広がる日本三大カルストの一つ「四国カルスト」は、四季折々の花々と満天の星空の人気が高く、年間を通じて多くの人々が訪れます。また、現地の宿泊施設「高原ふれあいの家天狗荘」の後ろには四国カルストの最高峰「天狗の森(1,485m)」が豊かな森を抱えてそびえ立ち、尾根の左右に広がる緩やかな稜線には、緑の牧草と白い石灰岩の 淡いコントラストが美しく広がり、その中で牛たちが草を食む牧歌的な風景を見ることができます。

奥四万十の山里

旅人をおもてなしする小さな茶堂

奥四万十の山里には、今でも茶堂や藁葺きの民家が数多く残っています。特に津野町や梼原町にある茶堂には、茅葺きの屋根と板敷きの床、 正面奥に弘法大師や地蔵尊などの木像や石像が祀られており、昔の人々の生活を垣間みることができます。また、この地を旅する人のために、 地域の人々が交代でお茶やお菓子を提供するという「お接待」の文化が残っている茶堂もあり、山里で過ごすゆっくりとした時の流れの中に、 私たち日本人の心の原風景を感じることができます。

森林セラピーロード

森の中を歩き癒やしを体感してみる

森の中を散策すると、自然と心が落ち着き、体もリラックスしてきます。この効果があると認められた山道が「森林セラピーロード」であり、 梼原町の「久保谷セラピーロード」は、水路沿いに樹齢数百年といわれる樹木が並び、津野町の「天狗高原セラピーロード」では、カラマツや ヒメシャラが茂る山道を、高山植物を楽しみながら散策できます。森林の清涼な空気と木々の香り中で呼吸する”デトックスの旅”を奥四万十の 森林セラピーロードで体感してみてはいかがでしょうか。

脱藩の道

日本の夜明けを夢見た志と想いを感じる道

1862(文久2)年、日本の夜明けを志した坂本龍馬は高知城下を出奔し、津野町、梼原町を経由して伊予の国(愛媛県)へと脱藩していきました。 このとき龍馬が駆け抜けていった道が、今も「坂本龍馬脱藩の道」として、奥四万十の山里に残されています。道中には、津野町の入口にある朽木峠、 茶畑の中につづら折れの道が続く布施ケ坂、龍馬の脱藩を手助けした那須俊平・信吾邸跡、そして愛媛県との県境近くにある梼原町韮ケ峠などが点在しています。 龍馬は幕末という激動の時代に何を想い、志してこの道を通ったのでしょう。

津野山文化

千年以上の時を経て受け継がれる津野山文化

「津野山郷」と呼ばれる津野町から梼原町一帯は、日本古来の文化や風習が今も息づいています。なかでも、両町の神社には、1千年以上の時を経て、 神々が舞い降りる「神楽」が今に伝えられています。梼原町に伝えられているのは「津野山神楽」、津野町は「津野山古式神楽」で、どちらも「土佐の神楽」の一つとして、 国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。また、津野町高野の三嶋神社境内に、日本で唯一現存する鍋蓋上廻し式の廻り舞台がある。 国の重要有形民俗文化財の指定を受けたこの舞台では、4年に1度、地区の人々によって農村歌舞伎が演じられています。
トップに戻る