ノスタルジックな木造の廃校舎で体験できる新聞ばっぐづくり

津野町の白石地区にある旧白石小学校を利用して建てられた集落活動センターしらいし。
木造校舎のノスタルジーな雰囲気は、ここでしか感じられない味わいがありますす。

そんな素敵な雰囲気の中、みんなでわいわいと作る事ができる新聞ばっぐづくりはいかがでしょうか。地元の白石にゅうすぺいばあず(通称:ばあず)たちによって心がほっこりしますよ♪

新聞ばっぐづくりも選ぶ柄によってとてもオシャレにできます。自分で選んで作ったら愛着もひとしおです。

バッグを作ってバックをもらうのはおかしな気もしますが、体験者の方にはこちらのエコバックのプレゼントも実施中です!(8月末まで数量限定)

7月22日追記
こちらの体験はエコバックプレゼントキャンペーン対象外となります。
誤表記申し訳ございませんでした。

こちらのページで詳細が紹介されています。
https://www.eitoko.jp/info/dtl2.php?ID=210
https://www.eitoko.jp/info/dtl2.php?ID=209

ぜひご覧ください♪

講師:白石にゅうすぺいばあず(通称:ばあず)・・・ばあずは新聞ばっぐづくりを通じた地域のコミュニティづくりや新聞ばっぐの販売を行っています。(しまんと新聞ばっぐインストラクター在籍)

所要時間:約2時間

受入人数:5人~

場所:集落活動センターしらいし(旧白石小学校)

料金:1人/1,000円(コーヒーつき・材料費含む)※体験希望者は手ぶらでおこし下さい。(必要な道具などは受入側で用意致します。)

新聞ばっぐ【小】(約15.5cm×約19.5cm)のまちあり、まちなしのどちらかを選んで折ることができます。

申込方法:体験希望日の3日前までに下記の申込先までご連絡下さい。

お申し込み先/お問い合わせ先:集落活動センターしらいし 津野町白石甲1421番地 ☎0889-56-3870(平日:9:00~16:00 不定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)